トップ神経内科医を目指す皆さんへ > 後期研修プログラム

後期研修プログラム

後期研修での目標

 

写真

初期研修(2年間)の後、神経内科専門医を志す人のための研修プログラムです。臨床でも研究でも日本の、そして世界のリーダーとなる神経内科医を育成することを目標としています。卒後の初期研修2年間を含む6年間が専門医受験資格を得るまでの標準的な研修期間となります。この期間に、大学病院や連携病院で急性疾患から慢性疾患まで幅広く臨床研修を積みます。これにより日本内科学会認定内科医および日本神経学会専門医を取得するのに十分なトレーニングを受けることができます。
神経内科専門医として必要とされる知識・診療手技を修得するとともに、つねに最先端の医学情報を収集し、絶えず自己研鑽に努める姿勢を身につけられるよう指導します。また、学会発表、論文報告などの学術的活動についても積極的に参加を促し、国際的な視野に立って活躍してゆける基礎をつくります。とりあえずの目標は日本神経学会認定専門医の取得ですが、それにとどまらず診療・研究において指導的役割を果たせるような高いレベルでの研修達成を目標としています。

写真 写真 写真

2つの後期研修コース

 

大学院に進む研究コースと 神経内科専門医コース

写真

最初の1年がとても大切です。そこで、大学病院または連携教育施設で神経内科医として最低限必要な基本的手技と考え方を身につけられるよう、専門医の指導のもとで主治医として病棟患者の診療に従事します。この基本研修期間を通して、神経学的診察法、脳波、筋電図、神経・筋生検などの補助検査とともに、神経疾患診断のプロセスを基本的手技として身につけることを目標とします。その後は大学や連携病院で臨床研修を重ねます。

 

当教室では、専門医としての臨床能力修得だけでなく、できるだけ早い時期に研究にとりくむことも将来的に指導的立場となる上では大切だと考え、大学院研究を勧めています。教室内では、生化学、分子生物学、細胞生物学などのミクロの視点で行われている研究から、遺伝子改変動物を用いた個体レベルでの研究、神経生理学や脳機能画像を用いた基礎・臨床研究、疫学研究など多彩な研究をおこなっています。

 

医学部学生・初期研修医による症例報告

大学院生・後期研修医による発表論文

 

認定制度の二段階化にともない、研修前半は総合病院での研修を中心として内科認定医取得に充分な研修内容を経験できるようにします。後半は希望により研修の場所や期間を変更することもできます。こうした臨床研修と並行して、大学院社会人入学枠などを利用して学位取得を目指すことも可能です。研修計画は個々の将来設計(専門とする疾患数や研修内容)をふまえ、相談しながら決定されます。

写真

 

卒後研修の概要

 

大学院研究コース
  研修内容 研修目標
初期研修1年目 初期研修  
初期研修2年目 初期研修(自由選択)  
後期研修1年目 東北大学病院 病棟研修医 (大学院入学可能)
後期研修2年目 連携総合(救急指定)病院 専門研修 内科学会認定資格 取得
大学院1年生 研究  
大学院2年生 研究  
大学院3年生 研究  
大学院4年生 研究 博士号取得
卒後9年目〜 東北大学病院・連携病院 指導医 神経内科専門医資格 取得

 

 

神経内科専門医コース
  研修内容 研修目標
初期研修1年目 初期研修  
初期研修2年目 初期研修(自由選択)  
後期研修1年目 東北大学病院 病棟研修医  
後期研修2年目 連携総合(救急指定)病院 専門研修 内科学会認定医資格 取得
後期研修3年目 東北大学病院・連携総合病院 指導医  
後期研修4年目 東北大学病院・連携総合病院 指導医  
卒後7年目〜 東北大学病院 指導医 神経内科専門医資格 取得

 

 

写真

 

後期研修医年間スケジュール

 

後期研修1年目

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
  神経学会学術大会
(Hans-on
セミナー)
      神経学会東北地方会
(症例発表)
神経生理学会講習 神経病理東北
地方会
  厚労省班会議参加   神経学会東北地方会
(症例発表)

 

後期研修2年目

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
国際学会参加
(AAN)
神経学会学術大会(発表)
(Hans-on
セミナー)
神経病理
教育セミナー
    神経学会東北地方会
(症例発表)
神経生理学会
講習
神経病理東北地方会
(発表)
  厚労省
班会議参加
  神経学会東北地方会
(症例発表)

 

 

学会・研究会

神経学会東北地方会 症例発表(年2回)
神経病学会東北地方会 症例発表(剖検・生検症例)
臨床神経生理学会 神経生理トレーニングコース受講
Hands-onセミナー(日本神経学会) 筋電図・脳波判読・電気生理
頸動脈エコー・経頭蓋ドップラー
ボトックストレーニング・高次脳機能検査
内科合同カンファレンス 各科持ち回り(毎月開催)
神経放射線カンファレンス 年4回(H23 3/4、6/3、9/1、11/18)
神経内科症例検討会(神経病理CPC含む) 年4回

 

 

推奨される研究会

神経学会学術大会 生涯教育セミナー
神経病理学会 コアカリキュラム教育セミナー
平尾朝雄教授 神経病理セミナー
国際学会(2年目) AANでの教育コース聴講など
班会議・各種専門学会への出席  
筋病理セミナー 精神・神経医療研究センター主催

 

 

写真

 

後期研修医週間スケジュール

 

HDB:Half Day Back後期研修医外来研修

 

関連病院

卒後研修センターHPもご覧ください

 

★問い合わせ先
卒後教育担当主任:菅野直人(すげの なおと)
E-mail: admin@neurol.med.tohoku.ac.jp

 

 

写真

東北大学 神経内科
〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1−1 TEL 022-717-7000(病院代表)